ホームページ制作とSEO!

seo対策で売上アップ

インターネットを利用して売上を上げていく方法の1つに、seo(検索エンジン最適化)という手法があります。GoogleやYahoo!といった検索エンジンサイトで検索したときに上位に表示させるノウハウのことを言います。

seo対策を行ってくれる企業は大阪にもたくさん存在しますが、業者の手法は大きく分けると、内部リンクをメインに集客していく方法と、外部リンクで集客していく方法があります。

前者のやり方だと、時間はかかる可能性はありますが、ごくごく自然で綺麗な対策だと言えます。後者はリンク先の内容にもよりますが、ペナルティを受ける可能性は高まります。しかし、割と早い時間で成果をあげる可能性があります。対策業者選定には十分気を払いましょう。

seoとキーワード

ウェブサイトにインターネット広告を貼ったとき、まずはその広告に興味を持つようなの訪問者を数多く集めなければなりません。

そのためには、インターネットの検索エンジンで上位に表示されるようにするため、SEO対策が必要です。

検索エンジンで上位に表示されるためには、まずそのサイトやインターネット広告に関連性の高いキーワードをサイトの中に組み入れておき、検索に引っかかりやすくします。

特にビックキーワードと呼ばれる検索エンジンで検索回数が多いキーワードのことで、検索する人数が多いだけに、SEO対策として有効であり、検索結果の上位に表示されると、かなりのアクセス増が見込めます。

seoでクロールのブロックが効果的になる場合

検索エンジンはWebサイトのページを巡回してデータを収集しています。収集したデータは検索エンジンのデータベースに格納されます。ユーザーが検索エンジンで検索すると、このデータベースの中が検索され、該当するWebサイトのURLなどが検索結果として表示されます。

検索エンジンによるデータ収集のプロセスをクロールと呼びます。seo的には、自分のサイトに対してクロールの回数が多いほうが、サイトの更新頻度が高い場合には、それだけ有利になります。

しかし、一日あたりの回数には検索エンジン側で上限があり、毎回全てのページを収集できるわけではありません。検索エンジンが自分のサイトの重要でないページを収集している可能性があります。

そこで、自分のサイトで重要なページとそうでないページに分類して、重要でないページに対しては検索エンジンをブロックすることがseo的に有効な場合があります。そうすれば、検索エンジンのデータ収集が重要なページに集まるからです。ブロックにはメタタグやrobots.txtを使う方法があります。

難易度を知りたいSeo

一概にSeoは簡単だとか難しいという事を言い切るのは難しいと思われます。Seoの難易度については、キーワードや元々の状態などによってかなり違ってくる事もあるのではないでしょうか。

みんながSeoを行っているキーワードで利益につながりそうな場合には、難易度は高くなる事が予想されますが、あまりSeoに使われておらず、利益に結び付きにくいと思われる場合には、難易度は高くない場合もあるかと思われます。

また、すでにペナルティ扱いされてしまっている所からSeoで上位を目指すとなれば、難しくなるという事が予想されます。難しさは時と状況によって異なる部分も大きいのではないかと思われます。

大阪の費用対効果の高いseo対策について

大阪の費用対効果の高いseo対策の魅力に関しては、多方面の媒体で取り上げられるケースが増えています。中でも、seo会社のサービスの質の高さについては、一般の消費者の間で度々意見のやり取りが行われることがあるため、少しでも知りたいことがある場合には、経験者のアドバイスを聞き入れることが良いでしょう。

また、seo対策のメリットを正しく理解するためには、コンピュータに関する高度な知識が必要となることがあるため、隙間時間を利用しながら、専門業者のスタッフと話し合いを進めることが成功のポイントとなります。 

seoのパンダアップデートは手動?自動?

seoのパンダアップデートというのはグーグルを使っていると自然に更新されていくものなのか、それとも自分で更新しなければならないのかという点はとても気になりますよね。ケータイのアプリなどだとアップデートをする際には自分でいちいち更新手続きをする必要がありますが、こちらは自分で改めてする必要はありません。

最初の頃は手動で行う必要があったのですがこちらのシステムも徐々に進化しており、ある程度の期間がくると自動に更新されていきます。また「更新しますよ」と告知がくる訳でもないので、自分でも知らない内に行われている処理でもあります。

seoとパンダアップデートの利点とは

パンダアップデートの一番の利点はなんといっても役にたつ情報を、効率よく得ることができるようになった所です。入る前には検索結果の上位にくるサイトやホームページに規制がかかるようなことはなく、単純にアクセス数や、どのウエブサイトを使うかによって左右されていました。

そのため開いてみたら大した内容が書いてないようなサイトを沢山見なければいけないという不便さがあり、沢山のサイトの中から本当に自分が欲しい情報を得ることが困難でした。seoのパンダアップデートを取り入れたことによって内容がある程度の品質を持っているものでなければ検索結果の上位に来ることがないため、不要な情報を見ることがなくなりました。

顧客満足度を上げるseoのパンダアップデート

検索サイトの大手であるグーグルは、2012年にパンダアップデートを導入しました。英語圏を中心にした海外では、2011年に導入されていたものですが、どちらも顧客満足度を上げる目的で実施されました。これまでは、検索して出る結果seoで上位に上がるのは、データ量として多いだけで、内容の薄いものが多くありました。

利用者は、検索結果の順位順にサイトを閲覧していきます。調べている内容が見つからなければ、様々なサイトを閲覧しなければならず、検索サイトの満足度が下がってしまいます。このような事態を打開するため、内容が濃いサイトが上位に来るようになされました。

更新日-2015年8月17日

ページトップ