ホームページ制作とSEO!

はじめに

今日、インターネットを利用したサービスは、私たちの生活になくてはならないものへと成りつつあります。しかしその歴史は浅く、最初にインターネット接続が利用されたのは、1980年代でした。

初めは企業や研究機関などが利用する程度でしたが、次第に接続環境が整い、インターネットは個人がより気軽に利用できるものへと発展していきました。

電子メール、ビデオチャット、コミュニティ、ブログ、ソーシャル・ネットワーキング、とインターネットを利用したサービスはその時代のニーズに合わせて次々と形を変えていきました。

気軽にコミュニケーションをとることができる、一度に多くの人に情報を見てもらい、共有することができる、といった理由で発展していったインターネットですが、今ではインターネット上における情報は膨大な量に膨れ上がり、企業や個人が運営するホームページの数も増えてしまったため、個人でホームページの製作を試みても、利用者の目に留まらず活用できない、といった悩みの声も聞かれます。

このサイトでは、インターネットを利用したホームページ制作の活用法と、ホームページをより効率的に多くの利用者に見てもらうための対策として、SEOに関する情報を提供していきます。

ホームページ制作を始めるにあたり必要な準備と知識

ホームページ制作を始めるにあたり、事前に準備する必要があるものと、知識があります。事前に必要な準備作業として、ホームページ制作するためのパソコンなどの編集できる環境、作成したページを編集するソフトウェアやアップロードするためのソフトウェア、公開するためのサーバーがあります。

ホームページ制作を始める前にもテーマとして何を公開するかを決める必要があります。画像を公開するのか、商品を紹介するのかコンセプトが必要です。構成をしっかりと考えて始めないと、せっかく作って公開しても訪れる人が少ない、更新が続かないといったことになってしまいます。こうならないためにも事前準備は必要です。

おすすめのホームページ制作

ECサイト構築 大阪ホームページ作成ならティーケイティー。ECサイト構築の実績が違います。大阪、神戸、京都など近畿一円と首都圏でホームページ作成。

ホームページ作成にseoを盛り込む

もしホームページ作成にseoを盛り込む事ができれば効率的に作業が進められそうですね。キーワードを設定するseoを考えながら、ホームページ作成を行うと全体でテーマが一貫したものに仕上げる事ができ、ユーザーにとっても利便性アップにつながるかもしれませんね。

自分でホームページ作成を行う際にseoを同時に行うのもいいですし、またホームページ作成やseoを専門的に行っている企業に依頼して行ってもらうのもいいかと思います。ホームページ作成にseoを盛り込んで、最終的にはコンバージョンレートの向上に努めたいですね。アクセス数などは数値として出てきますので、思わしくない場合には対策を強化するのもいいでしょう。

seoと検索ランキングについて

検索サイトの表示順位はウェブサイトのPVに大きく影響するのでGoogleが行ってきた各種アルゴリズムにもしっかりと対応することが求められています。しかし、従来のseoテクニックでは通用しなくなっているのも現実であり、新たなテクニックに焦点が集まっています。

seoのテクニックが対応するのが難しくなったのはハミングバードと言われた検索アルゴリズムであり、RankBrainでさらなる更新があり、ほぼ従来のテクニックでは対応できなくなっています。そのためランキングが下がるサイトが多いのですが、コンテンツに重点を置く新たなテクニックで対応が可能となってきています。

おすすめのSEO対策

少し前であれば、SEOを行っている会社もそれほど多くはありませんでした。しかし、現在ではかなり多くの会社がSEOを行っています。

以前であれば、ホームページ制作を行うだけで売上アップにつながると言われていた事もある様ですが、現在ではまた状況は異なるでしょう。

まず、考えられるのがたくさんのライバルがいます。多くの人が見る所にホームページの宣伝をしたり、SEOなどの対策を行ってたくさんの人に知ってもらうチャンスを得る事が大切ではないでしょうか。

  • ホームページ制作会社の見つけ方

    ホームページ制作を外部にお願いすることが、決定しましたら、ホームページ制作会社を選び、見積もりをとってください。

    詳しく読む

  • ホームページをPRにつかう

    twitterやFacebookなどのSNSを利用する方法、サイトを活性化し、集客アップのための方法をご紹介します。

    詳しく読む

  • ホームページ制作とSEO

    いくら時間とお金をかけて、価値あるサイトができたとしても、ユーザーが見ていなければ意味がありません。

    詳しく読む

ページトップ