ホームページ制作とSEO!

ホームページ制作とSEO!のTOPseoseo対策SEO大阪>2016年のseo

目次

  1. 2016年のseo
  2. 2016/9、10のseo
  3. 2016/11以降のseo
  4. 2016年全体でみると
  5. 見積もりを依頼できるSEO会社やホームページ制作会社

2016年のseo

関連性重視になっていて、関係のない記事を増やしても全く意味がないということです。そのため、多くのseo業者やアフィリエイターは関連記事をどんどん増やしています。 それだけである程度は順位が上がるような状況です。

そうはいっても関連性のあるリンクを付けるのが非常に大変になっていますのでそのあたりはちょっとかんがえなくてはいけません。たとえば、関連のサイトを作成するなどです。支店を多く持っている場合は支店のサイトを作成するのもいいかもしれません。すでに多くの賃貸屋はそのようにやっております。

SEOを大阪でするなら「SEO 大阪」で検索。

2016/9、10のseo

順位が大きく変動しております。傾向としてはサイトのコンテンツ不足、被リンクページのコンテンツがチープなものは評価していないように見受けます。また、アンカーテキストがキーワードのみなどが多く含まれすぎると順位を下げております。

googleのAIによるアルゴリズム変更が本格化したと考えていいでしょう。ただ、あまり精度が高くないせいか、あまりよくないサイトが上がっている場合があります。それはどんなサイトかというとseoのためのコンテンツを作成し、非常に大きなボリュームのサイトにするようなものです。9月、10月はあまり安定しない状況の中で徐々にアルゴリズムの精度が上がってきているような感じです。

2016/11以降のseo

どんどんコンテンツの評価、ユーザビリティーの欠如したサイトが順位を下げています。これはseo対策のためにコンテンツを入れただけのサイトをある程度は見抜いているように思います。今後ドンドンその制度が上がる可能性があります。

また、順位がかなり滑らかに動いているように思います。9月とはくらべものにはならないレベルになっております。AIが賢くなっている証拠なのかもしれません。ただ、日々、コンテンツに対するフィルターをどんどん強めいている可能性があるので十分な量、質のコンテンツが必要になります。

関連

2016年全体でみると

2016年全体でみるとこの一年をかけてgoogleのRankBrainへの移行が終わり、AIの本格導入となったと言えます。それに対応するためのseoをという1年でした。

具体的にはペンギンアップデートやパンダアップデートではなくAIへの対策をしなくてはいけないseoと言えます。

よりユーザビリティーを考えたサイト構成、コンテンツを追求しなくては安定的に上位に表示させることが難しくなったということです。そのためにseoにかかる手間が膨大なものになってしまったといえます。

これでseo業者もかなり減ったと考えられます。また、アフィリエイターにとっても受難の一年になったでしょう。

見積もりを依頼できるSEO会社やホームページ制作会社

すでに依頼するSEOを行うホームページ制作会社が決まっているという場合には、コンタクトを取るのみとなります。しかし、SEOを行うホームページ制作会社に魅力を感じてはいるが、まだ依頼するかどうか決まっていないという人もいるかと思います。

しかし、SEOを行うホームページ制作会社に対しては、見積もりのみの依頼も可能です。SEOを行うホームページ制作会社に見積もりを依頼すると、具体的に費用を把握する事ができます。

しかし、SEOを行うホームページ制作会社に連絡を行うと、スタッフの対応が親切であるかどうかという事をチェックする事ができます。対応が素早く親切な会社を選ぶ事もできます。

ページトップ